読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

近所の悪ガキの話

トラブル

久々のブログである。2・3週間ぐらい放置してたからね。

そんなことは置いといて、今回は僕の家の近くに住んでいる子供の話である。

 とある場所に出かけた帰りのこと、家の前で中学生くらいの子供が一人道路のど真ん中でうろちょろしているのが見えた。

当然自分は家に向かっているのでその少年の近くを通ったのだが、その時驚いたのだ。

なんとその少年は一人でサッカーをしていたのである。

しかもいろんな家のところの壁にボールをぶつけてうるさい音を出しながら完全に道路をふさいでしまっていた。

すぐに危なかったので注意をしたらやめてくれたのだが、2,3分後またボールの音がして外を見たらまたサッカーをしていた。

どうしようかと思ったのだが、僕の言うことは聞かないし、ほっといたら事件・事故につながりかねなかったため、警察に電話をしたのである。

こんなことで警察に電話するのもと思ったのだが、結果は成功。電話してよかったと思う。

警察の人も快く対応してくれた。以下が話の内容である。

 

警察:事件ですか?事故ですか?

自分:事件でも事故でもないですが、道路で子供がボールをけって遊んでいて危ないので注意をしていただけないかと。

警察:どんくらいの年齢ですか?

自分:中学生くらいです

警察:注意はしましたか?

自分:しましたが数分やめてすぐにまたやり始めました。

警察:住所はどこですか?

自分:〇市〇〇の南北に延びてる道路のところです

警察:ちょっと調べますね・・・南北ですか?

自分:南北です。

警察:お宅のお名前は?

自分:〇です。

警察:わかりました、では様子を見に行かせますんで

自分:お願いします

 

とまぁ、こんな感じである。

それが16:49のこと。それからしばらくして、警察が来たのが16:54。

約5分程度で警察が来たのだが、それに気づいてなのか、たまたまなのかボールをける音は聞こえなくなった。

その後一通を逆走してるバイクを見つけてやってきた警察は立ち去ってしまったのだが、とりあえず静かになったし、ボールをけってた少年も無事みたいだったので良しとしよう。

思ったより警察がきたのが早かったので意外とよかった。対応もよかったしね。

何にしても道路の真ん中でボールをけったりして遊ぶのはやめていただきたい。